不眠症 改善 食事

不眠症に効果のある食事について

不眠症を改善できる食事

生活習慣の改善やリラックス、病院での治療など、不眠症の改善方法はたくさんあると思います。
今回は、食事での不眠症対策をご紹介しします。

 

牛乳

神経過敏によるイライラを抑え、入眠の誘発を脳に働きかける作用があります。
寝る前に温めて飲むと、不眠症を改善する効果が期待できます。

 

牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれています。このトリプトファンは体内でセロトニンという安眠物質に合成され
眠くなる時にはメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されるようになります。

 

また、牛乳に含まれるカルシウムは神経の興奮を抑える作用があります

 

怒りっぽい人がカルシウムを食べないといけないというのはこのためです。

 

これは、同様に緊張しやすい興奮しやすい人、神経質な人なんかにも有効です。

 

セロリ

セロリの臭いに高ぶった神経を鎮める作用があります。
できれば臭いを嗅いでほしいので、セロリを摺って蜂蜜と熱湯に入れて飲んでいただくと良いでしょう。
そのまま食べても効果は期待できます。

 

豚肉・乳製品

精神的に安定させ、睡眠を促す作用があります。
摂取しやすい食材だと思いますので、積極的に摂取しましょう。

 

レタス

催眠作用や鎮静作用があります。
だいたい4分の1位の量を目安に摂取すると良いでしょう。
生のレタスを摂取すると体が冷えてしまい、逆に眠れなくなる可能性がありますので、寝る前の摂取は控えてください。

 

玉ねぎ

ストレスを緩和して気持ちを穏やかにする働きがあり、安眠に効果絶大です。
また、血糖値を下げる効果もあるので冷え性からくるような不眠症にも玉ねぎはとても効果的です。

 

イヤなニオイにならない程度に寝室においておくだけでも安眠効果があるので
玉ねぎがキライな方はこの方法で!!

 

効果には個人差がありますが、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

三食食べて規則正しい時間に食べることが必要

 

効果のある食べ物を積極的に撮るのも大切ですが
規則正しい時間に食事する事の方も大事です。。

 

朝はしっかり食べて夜はあっさり目
油物揚げ物などを食べないようにする
そして寝る前はホットミルクとかトマトジュースなどを飲んでみる

 

眠れないといって食事制限は厳禁。

ダイエットをしている方で夜なかなか眠れなくなる人は多いです。
これは食事制限によるセロトニンが不足して起こるもの。

 

お腹が一杯になるほど食べる必要はありませんが必ず毎日
腹八分目程度の食事を心がけるようにしてください。
極端な食事制限は不眠症を招く可能性があります。

睡眠薬で食欲が増進する場合がある

 

特に睡眠薬を飲んでおられる方は食事の量に注意する必要があります。

 

不眠症が原因で太る痩せるといったことはないですが、
その薬が食欲を増進させ、沢山食べてしまい、結果太ってしまうということになります。

 

この場合は食事の管理をしっかりすることによって少しずつ減量できます。

 

また夜に食べるのも注意してください。

 

まれにお腹をいっぱいにしないと眠れないという人もおられますが、これは睡眠の質を著しく妨げます。
なぜなら、脳は休んでいても胃腸は消化で働きっぱなしです。

 

これでは良い睡眠を期待することはできませんので夜の食事は寝る前はなるべく控えましょう。