すぐに効く不眠症対策

すぐに効く不眠症対策

眠る環境

不眠症はちょっとしたことがきっかけで起こる場合が多いようです。

 

なので軽めの不眠症なら、早い時期に対策をとれば
またすぐに眠れる生活に戻ることができます。

 

対策をせずにそのまま放っておくと
不眠症が慢性化して治りにくくなるのです。

 

そのような事になる前に、対策をしていくことが大切!

 

そこで、即効性がある不眠症の対策方法をご紹介したいと思います。
これを覚えていれば役に立つと思いますので、ぜひ試してみてください。

 

枕を抱えて眠る

枕を抱えることでお腹の辺りに安心感が出てきて、眠れる場合があります。
入眠するときに重要なポイントとなるのが寝る姿勢を色々と変えてみること

 

自分はこの姿勢が楽だと思っていてもよく眠れる姿勢というのは日々違います。

 

自分の中で何種類かパターンを理解しておくと便利かもしれません。
その時のあなたの状況に合わせてそれに対応していくこと

 

これが重要です。

 

温かい飲み物を摂取する

  カフェインの含まれているコーヒーなどの摂取は避け、ホットミルクなどの温かい飲み物を摂取すると良いでしょう。

 

牛乳には骨を丈夫にするだけじゃなくイライラした神経を鎮める効果があります。
これはトリプトファンというもので体内でメラトニンという睡眠の質をあげる物質に変わります。

 

適温のホットミルクを寝る前の習慣にしてみてください。

適度な運動をする

  運動をして体を疲れさせることで眠れる場合があります。
  ただし、やりすぎは厳禁です。

 

このような対策法があるという安心感を持つことで、入眠を誘発することもできると思います。
効果には個人差がありますので、自分に合った対策法を見つけると良いでしょう。

 

寝やすい環境を整えてあげることも大事

 

不眠症で悩んでる人になかなか多いのが寝付けないということです。
寝付けないと
更にイライラが募ってますます眠れなくなってしまいます。

 

そこで寝る前の対策というのも大事
以下のことに気をつけてみてください。

 

寝室に余計な物を持ち込まない

 

寝る前の脳の活動は寝室に置かれたもので容易に左右されますので
寝る前に色々な事をしてしまうと、脳みそがそれを覚えてて眠りを妨げます。

 

なので、眠れない時にあまり難しい小説を読んだり、スマートフォンなどを長時間いじったりすると脳が活発に働きリラックスできませんので
寝室にはできる限りこのような脳を働かせるような物を持ち込まないようにしましょう

 

ヒーリングミュージックでリラックス

 

東南アジアのエステで流れてるような癒し系の音楽は
心地よく安眠できる効果があります。

 

目から入る情報というのはどうしても
光を浴びてしまうために脳みそが覚醒してしまいます。

 

部屋を薄暗くして耳からリラックスできる音楽を聴いてみましょう。
最近は眠りに特化したものも沢山発売されてますのでぜひ試してみてください。

 

 

アイマスク・アイピローで安眠

 

不眠症の方はぜひ、アイマスクを取り入れましょう。
不眠気味でアイマスクをしたことがない人はぜひ一度試してみてください。

 

アイピローは形よりも重さがポイントです。
アロマで香りをつけるなどするとよりリラックス効果が期待できますよ。