不眠症と顎の歪み

不眠症と下アゴについて

顎との関係について

下アゴがずれていることが原因で不眠症になる場合があるということをご存知でしょうか?
なんの関係もないように思われがちですが、現代人にとっては共通と言ってもいいほどの症状なんです。

 

顎の悩みや顎関節症が歓喜したら、
夜ぐっすり眠れるようになったという口コミはとても多いです。

 

これはあながち嘘ではなくて脳の前頭葉(リラックス)と顎の筋肉というのは密接に関係しています。

 

顎の歪みや顎関節症と不眠症は関係があるのか

 

顎が上手く調整されると脳の前頭葉の緊張もほぐれていくということ

 

寝ている時にパートナーなどから
いびきや歯ぎしりなどを指摘される人も同じような傾向にあります。

 

明らかに顎関節症の方や顎が鳴ったりするような人は、一度病院に行って検査をしてみてください。
このときに行くのは歯科ではなくて口腔外科になります。

 

また顎関節症による二次被害
すなわち、顎の痛みから出てくる関節痛としての頭痛や肩こり、そして耳鳴り首のコリなどが原因で不眠症になっておられる方もいらっしゃいます。

 

このようにアゴのズレというのは
顎関節症不眠症などの他に肩こりや頭痛、そして頭痛、挙句の果てにはアレルギー疾患など
様々な成人病を生み出す可能性があるものです。

 

歯ぎしりの症状も同じです

 

昔の人にはあまり見られることではなかったようですが、食生活が乱れがちなストレス社会の現代では、歯ぎしりをする人が増えているそうです。

 

歯ぎしりをすることで奥歯が押さえつけられ、本来の長さまで伸びずに歯が短くなってしまいます。
奥歯が短いと噛み込むのも深くなり、頬の筋肉が緩んでしまいます。

 

緩んでいる頬を緊張させるには、筋肉や神経を緊張させる必要があります。
交感神経は、頬を緊張させるように脳に働きかけます。

 

つまり、頬が緩んでいると、交感神経がいつも活発化しているということになります。
この状態が続くと休まる時間がなく、眠れなくなるので、眠るためには副交感神経を活発化させる必要があるのです。

 

マウスピースなどを使うと、症状を軽減することができますので、専門医に相談してみましょう。