よく眠れるようになる方法

布団に入ってからなかなか寝付けないあなたへ

寝付けない

★眠るのに30分以上かかる
★眠る時間になっても寝れる気が全然しない
★体は疲れているのに何故かいつも寝るのに時間がかかる

 

そんな方に夜眠る前に試してほしいことをお伝えします。

 

布団に入っても寝れない方はぜひ一度試してみてください。

 

いつもよりは寝付く時間が早くなるはずですよ。

 

寝る直前に試してみたい入眠後10分以内に眠ることができる5つの方法

 

半身浴

 

 

おすすめは半身浴

 

ポイントを説明します。

 

お風呂を上がる時間を寝る時間の1時間前にするようにします。

 

普通なら20分程で大量に汗が出てきますので
入浴する前に一杯の水を飲んでから入浴すると
最後まで入っていられます。

 

入浴剤でリラックスすることも忘れずに
ホワイト系やパステルカラーなど
柔らかい色の入浴剤を入れてリラックス

 

暇だからといって湯船の中で本やスマホなど持って入らないようにしないようにしましょう。

 

 

足枕を導入してみる

 

足は高めにして枕を低くして寝るとよく眠れます。

 

メリットはその日の足の疲れやむくみなどを解消してくれる効果があり
体全体の血行が良くなります。

 

冷え性などの自律神経からくる
ものも整えてくれて足がポカポカと温めてくれます。

 

そうすることによって、眠くなる効果があります。

 

眠る前に30分リラックスして腹式呼吸も

 

眠る30分ぐらい前から部屋を暗くして、その中に
本やスマートフォンを持ち込まないようにしましょう。
そして全身をリラックスしてゆっくりと腹式呼吸を行います。

 

瞑想のような感じなのですが、
これを行うと身体全身に酸素が行き渡ってリラックスでき、
快適な眠りを誘います。

 

ヒーリングミュージック

 

自分の一番心地いいと思える音楽を1曲探してくるのがお勧め。
特にヒーリング系の音楽は心を落ち着かせる効果があります。

 

眠る前にアルファ波を出しておくことにより、
寝た後に現れるベータ波とスムーズに移行することができますし
知らないうちに体を眠りへと誘うことができます。

 

パジャマはゆったりとしたもの

 

寝返りを打つことによって、
ついつい目が覚めてしまう方も多いと思います。

 

睡眠中に私たちは想像する以上に体を動かしているもの

 

あの時に体が締め付けられないような衣服を着ることが大事です。
布団も厚手の物をかぶりすぎず寝ている間はスムーズに動かす
体をしっかりと動けるようにしておく。

 

冬はなかなか難しいかもしれませんが、何も着ないで眠るというのも、不眠を解消する一つの方法です。