中途覚醒

夜中に何回も目が覚めてしまう中途覚醒の症状について

中途覚醒

夜中に何回も目が覚めたり夢をたくさん見る
しかも起きても結構鮮明に覚えている

 

そんな中途覚醒という症状

 

体は眠いけれど脳ミソが考えすぎて
オーバーヒートを起こしている状態です。

 

まず、考えなければいけないことは
そのストレスを取り(考えなくして)
いかにリラックスして眠りにつくことができるかがポイントです。

 

寝つきは良いけれどもに夜何回も目が覚めていませんか?

★2ヶ月以上の間、夜寝てもすぐに目が覚めるのを繰り返している。

 

★睡眠薬の服用だけは絶対に避けたい

 

★寝付きは良いけれど寝てから3時間ぐらい経つと、ぱっと目が覚めてしまう

 

★目が覚めると寝れることができずに30分ぐらい本を読んでしまう

 

中途覚醒とはこういう状態です。

 

夜中に何回も目が覚めて
昼間は身体がとても疲れているのに
夜は全然寝かせてもらえない状態

 

体はすごく休みたいのに
2時間おきに目覚まし時計を鳴らされているような状態です。

 

「なんか拷問を受けているみたい」

 

要するに脳みそがずっと緊張状態にある状態
交換神経が活発になりすぎているのが原因です。

 

また、この中途覚醒というのは脳みそがずっと興奮しているために
起こる睡眠障害の一つで
うつ病の初期症状とも言われています。

 

中途覚醒を改善する提案について

 

つらいけれど必ず朝は決まった時間に起きてください。

 

そして朝一の行動がとても大切です。
朝は太陽の光をガラス越しではなくて
絶対に直接浴びること

 

しかも5分以上

 

5分以上
朝日を浴びなければ効果がないと言われています。

 

朝一に太陽浴びることにより
脳の中のセロトニンという物質が
ものすごく活性化されます。

 

また朝に活性化されたセロトニンという成分は
夜になるとメラトニンという物質に変わり、
睡眠を促進してくれる効果もあります。

 

メラトニンとは
脳内の精神安定剤
快眠を導く効果もあり別名幸せホルモンなどと言われています。

 

ストレスになる生活要因をできる限り遠ざける

 

すごくストレスをためる生活をされていないでしょうか?

 

夜寝ている間ずっと夢を見ているような感覚はないでしょうか。

 

ストレスなどでメラトニンとセロトニンが減ってくると
精神的にイライラし
意味もなく悲しくなったり泣いたりします。

 

また、それが原因でうつ病になったりするといわれています。

 

また、今は特にストレスやきっかけがない
そんな方も
この症状がうつ病などの始まりかもしれない可能性もあります。

 

今は夜寝られている時点で不眠症ではありません。
ただ単に体内時計が狂ってしまっている
だけなのかもしれません。

 

今のうちに強引にでも
まずそれを直す必要があります。

 

体内時計を戻すためには

 

  • 朝起きる時間を決める
  • 夜寝る時間を決める

 

これが非常に大切。

 

また、昼間眠たくても
昼寝をするのは1日30分までにしましょう。

 

朝日を浴びるのはもちろんのことですが
毎朝運動をすることにより体内時計のリセットにつながります。

 

生活リズムを徹底的に一定にして夜にストレスになるような物事を考えるのを避ける

とにかく毎日頑張って同じ生活パターンを続けていく

 

「朝は起きたらラジオ体操」

 

これが
中途覚醒の一番の改善方法です。すぐには実感できませんが…

 

まだうつ病の原因は見られないと思いますので
心療内科などに通う必要はありません。

 

寝ても直ぐに目が冷めてしまう。
もしくは
夜へんな夢ばかり見てしまう方は
自己内面葛藤といって考えすぎによる思考オーバーの場合が多いです。

 

今の現状を打破することがとても望ましい、これを極力運動や
アシタの生活リズムを戻すことにより、考えすぎない状況にすることが必要です。

 

 

中途覚醒というのは
要するに脳みその疲労や心の疲労が取れていないのに
眠りにつくという状態です。

 

だから、3時間等で起きてしまいます。
また
夜覚醒してからすぐに眠りにつくことができないのです。

 

どれだけリラックスして眠りにつくことができるかというのもポイント。

 

明らかに睡眠時間が足りてないのに起きてしまうという時には
睡眠薬の服用もやむを得ないかもしれません。

 

しかし、それを服用しつつも
体内時計をリセットしてストレスを解消する(考えないようにする)
これが必要です。

 

まとめ

朝は必ず起きる時間を決めて朝日を5分以上浴びる
朝一でラジオ体操をやってみる
夜、脳から先に寝かせるために刺激のあることや明るい所にずっといないこと