早朝覚醒 改善方法

目覚ましを使わなくても朝4時や5時に目が覚めてしまう

早朝覚醒

★夜の12時頃に見ても朝の4時や5時に目が覚めてしまう
★それが数週間続いている。
★眠りが浅いのに早く置きすぎてしまうせいで毎朝頭がぼーっとする

 

明日が気になっててそこから寝られなくなり
やっとねらたら朝早くに目覚めてしまう。
それが寝不足につながるのが早朝覚醒です

 

ロングスリーパーかなと思っていた方でも
いきなりこのような症状になることもあります。

 

特に仕事のストレスなどが原因のことが多いです。

 

二度寝することができても朝起きるのが辛い
昼間に猛烈な睡魔が襲ってきて仕事に支障をきたします。

 

頭がぼーっとして昼間は夢見心地な毎日

 

また、朝に一旦起きると眠ることができない。
夜寝るときも朝のことを考えると憂鬱になってしまいます。

 

などなど昼間の勉強や仕事にも支障をきたすのが早朝覚醒になります

 

昼間は寝てるのか起きてるのかわからない

一見軽い症状に見えるこの病気

 

ですが、日中集中力が全く届かずにぼーっとするような感じが一日中続く
うつ病の症状に似たこの症状

 

睡眠薬も利用しようとしたと思っているけれども
副作用が怖くてなかなか躊躇している方も多いようですね。

 

原因としては、自律神経のバランスの乱れ
これによって眠りが浅くなってる可能性が考えられます。

 

自律神経を乱す原因

自律神経が乱れる原因なんですが、

 

ストレスや不規則な生活
仕事の疲れ
季節の変わり目。
急激な温度の変化

 

などが考えられます。

 

自律神経が大幅に乱れると
寝つきがとても悪くなったり、寝ている途中で目が覚めたり
また、十分に出る時間を取っているつもり
でもその眠りの質が悪いために眠りが浅くなっていて、結果として、睡眠不足となって

 

朝に
目覚めづらかったり、
日中に眠気や倦怠感などが
一日中起こることがあります。

 

対策としては早朝に起きてしまうのは
まずは仕方ないとして睡眠の質を高めること

 

寝付きはいいけれど眠りの質はあまり良くないので

 

  • 夜寝る前に30分真っ暗な中で瞑想してみる
  • 寝る前にホットミルクをグラス一杯飲んでみる
  • アロマを焚く

 

などなど
体が寝ると言う前に脳みそをまず休ませることを考えてあげましょう。

 

寝る前にホットミルクを一杯

特に寝る前のホットミルクがおすすめです。
トリプトファンという物質が豊富に含まれていて

 

これが眠りの質を高めることができる成分である
メラトニンに変換されます。

 

枕一つで変えるだけでも眠れる可能性がある

 

眠る環境はどうでしょうか?
清潔なシーツや敷き布団を干して使いやすい枕
快適な枕を使用されているでしょうか?

 

枕だけでもだいぶ睡眠に対して変わる可能性があります。
高級な枕よりも洗える清潔な枕の方が大切な場合もあります。

 

「たかが枕一つ」

 

昔は私もそう思っていましたが
一度騙されたと思って使ってみてください。

 

枕一つでもこんなに変わるのかというぐらい変わります。